カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
3原色20ml原液ボトル(スポイド付きボトル/詰め替え用ボトル)
1,100円 〜 1,650円
定価 1,800円
40 ポイント還元
各オプションの詳細情報
容器タイプ
カラー
購入数

3genshoku-tan
3原色20ml原液ボトル(スポイド付きボトル/詰め替え用ボトル)
1,100円 〜 1,650円
40 ポイント還元
※この商品は、ビッグウェイ株式会社にて販売されていた商品です。
2021年4月1日よりより弊社が引継ぎ、同額にてご提供しております。


自由に色を作成できる、赤(マゼンタ)・青(シアン)・黄(イエロー)の3原色ボトルの単品です。
※はじめて色水づくりをされる方は、精製水その他必要なものが揃った「色水づくりかんたんセット」をお薦めいたします。

特徴

  • 水だけで自由に好きな色を作成することができる、3原色ボトルです。
  • お客様へのプレゼントやインテリア用に。
  • オリジナルカラーセラピーがつくれます。
  • イベントでのデモンストレーション用など、用途は様々です。

仕様

  • 種類:原色(赤・青・黄)
  • 内容量:各1本につき20ml
  • スポイト付きボトル:素材はガラス瓶 1,650円(税込)/本
  • 詰め替え用ボトル:素材はプラスチック容器  1,100円(税込)/本

色の作り方

市販のビーカーやグラスなどに水を入れ、その中に原液を少量ずつ混ぜながら色を確認していきます。

使用する水について

水道水で原液を薄めた場合、水道水の成分によっては、時間の経過と共に染料が沈殿する場合がありますので、市販の精製水を利用することをおすすめします。
※精製水はドラッグストアなどで、500mlを100円前後で購入することができます。

混色割合

  • 20mlの水に対しての配合率です。
  • 単位は滴(例)7=20mlの水煮対して7滴 ※1滴は約0.08ml
  • 本キット原液の容量は1本あたり20ml(約250滴)です。
  配合率 作成本数
Pink 【赤】 7 120本
Magenta 【赤】35 23本
Red 【赤】54
【黄】2
17本
Orenge 【赤】 6
【黄】12
70本
  配合率 作成本数
Gold 【赤】 2
【黄】10
84本
Yellow 【黄】10 84本
Green 【黄】30
【青】4
27本
  配合率 作成本数
Blue 【青】20 40本
Royal Blue 【赤】10
【青】50
17本
Purple 【赤】32
【青】2
27本
3原色ビーカー配分 3原色ビーカー配分
※作成本数:本キットで同じ色だけ作成した場合(6ml容器換算)の作成本数です。

このほかにも、濃い色を薄める・薄めた色と薄めた色を混ぜたりすれば、様々な色を作成することができます。

注意点

  • 原色には化粧品の原料を使用していますので、肌などに付着しても安全な処方ですが、肌に触れることを前提とした商品づくりには使用しないでください。
  • 原液も含め、本製品が肌や物などに付着すると色が吸着してしまいますので、その場合は水や洗剤などで洗い落としてください。
  • 水道水で原液を薄めた場合、水道水の成分によっては、時間の経過と共に染料が沈殿する場合があります。
    薄める場合は精製水を利用してください。
    ※容器を洗浄する程度であれば、水道水でも大丈夫です。
  • 退色についてですが、当社にて6ヶ月間、陽当たりの良い場所に放置して退色性を調べましたが、極端な変化はありませんでした。 ただし、薄い色は退色しやすい傾向があります。また完全に退色しないわけではありませんので、暗所での保管をおすすめします。
    ※退色は環境によって変わりますのでご注意下さい。
  • 二層にはできません
  • 衣服についた時はすぐに洗い流してください。
    衣服や肌に色が付着しますので、洗濯時には手袋やエプロンの着用をおすすめします

こんな使い方も

  • オリジナルカラーセラピーの素材として。
  • 色を選ぶ、塗る以外にも「色を創る」というカラーセラピーのご提案に。
  • 市販のお気に入りのボトルに入れ、プレゼント品の作成や教材としての利用もおすすめです。
  • サロンのインテリアに
    「色」を扱うサロン、お店としてオリジナル調合したカラーウォーターを入口等にディスプレイすると見栄えします。
    かわいい小瓶にカラーウォーターを満たせば、カラフルでお洒落な空間に。
    並べたり、吊るしたりディスプレイも楽しめます。
  •   
  • カウンセリング後のお客様へのプレゼントとして
  • アロマオイルなどで、香りを加えることもできます
    ※アロマオイルなどは水に混合しませんが、1滴加える程度で香りがつきます。
  • 混色の楽しさを体験できる、1日セミナー・レッスンの教材として
この商品を購入する